前へ
次へ

まずは公共の中国語学習

私は、仕事で中国に出張に行く機会が年に数回あったことから、現地で少しは中国語を話したほうが思うようになり、中国語の勉強をしようと考えました。まずは、中国語の本を購入して、なんとなくページをめくり、添付されていたCDを車の中で流すようにしてみました。確かに、現地で聞いたことのあるフレーズが出てきたりするものの、どういった意味かがわからないまま、そのまま放置しているので、ちっとも上達しませんでした。そこで、座学を取り入れようと考えていた時、市の広報に中国語講座が開かれていることを知りました。ちょうど学習の年度替わりということもあり、新たに学習を始めるにはぴったりの時期でした。そこで、さっそく申し込むことにし、一週間に一回ではありましたが、通うようにしました。仕事が忙しいときには、欠席することもありましたが、初めて先生に教わりながらの学習ということで、これまでとは違い、ずいぶん上達することができました。

Page Top